障害基礎年金の年金額

家障害基礎年金の年金受給額は基本として二級の場合は776,300円が支給されます。そこに一級であれば1.25を掛けた金額が支給されます。さらに子の加算というものもつきます。ここでいう子とは18歳になる年度の末日を超えていない子、20歳未満で障害等級が一級か二級である障害者とされています。そして第二子までは224,300円、第三子からは74,800円が各追加されていきます。

そして障害基礎年金は年金制度に加入する前に障害になってしまった場合にも支給はされますが、この場合、保険料の納付がない状態なので所得制限がかけられています。ですが一度に全額支給停止にはならず、二段階制で支給が停止していきます。

例として二人世帯だとすると所得額が398万4千円をこえると支給額のうち半分が支給停止になります。そして所得額が500万1千円を超えると年金は全額支給停止になります。もちろん世帯の人数が多くなれば所得制限額が変わってきます。

一人当たり38万円ずつ加算されていきます。また、扶養親族が老人扶養親族である場合などはまた加算金額が変わってきます。逆に一人世帯である場合は所得制限額が低くなり、360万4千円で半額停止、462万1千円をこえると障害基礎年金は全額支給が停止されます。

障害厚生年金の年金額

障害年金の受給額

病院障害年金は障害の程度によって、受給額が異なってきます。また、障害基礎年金と障害厚生年金とでも金額の差があり、また金額の制定条件も異なっています。障害基礎年金は、年金加入前である20歳未満に障害が出た場合も受けとることができます。この場合は保険料を全く納付せずに年金を受給することになっているので受給額に制限がかけられています。

また請求方法が二つあり、この請求が遅くなると受給できる金額が異なってきます。障害認定日による請求を行う場合は、障害認定日の翌月から障害年金を受け取ることができます。障害認定日から請求までが一年以上たっている場合は書類が通常より多くなり、さらに時効によって年金が消滅するために障害認定日から請求が5年以上たっている場合は遡及して受給できるのは過去5年分までになっています。

もう一つの事後重症による請求は病気やケガが起こってから定められた期間内では受給対象にならなかったのに後々障害が悪化してしまい、年金を受給するときの請求方法です。この請求方法では請求した翌月から年金が受給されるので請求が遅れるとそれだけ受給金額が少なくなっていきます。

また、請求書が受理されるのは65歳の誕生日の二日前までなのでそれを過ぎると障害年金を受給することはできなくなってしまいます。障害認定日請求であれば認定日が診断書によってわかるので多少は遡及して年金を受給することができますが、事後重症による請求であるといつからかが明確ではないために請求日の翌月からという形になっています。

障害基礎年金の年金額